世界のトップアスリートの稀少品をお届けします。
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:221
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 12 次のページ»
2020年09月20日
エンゼルス・大谷翔平投手(26)が19日(日本時間20日)、本拠地・レンジャーズ戦に「6番・指名打者」でスタメン出場。11日(同12日)の敵地・ロッキーズ戦以来、7試合ぶりにスタメン復帰した。1打席目に6号ソロを放つなど、3打数2安打1打点、2得点で逆転勝ちの立役者となった。打率も2割ちょうどに戻った。

 まずは、3点を追う2回2死走者なしの1打席目。大谷はいきなり結果を出した。カウント1ボール、2ストライクからの5球目。外角高めの95・1マイル(約153キロ)に反応すると、弾丸ライナーで右翼席に6号ソロを運んだ。9日(同10日)のレンジャーズ戦以来10日ぶりとなるヒットは、8月23日(同24日)のアスレチックス戦以来、約1か月ぶりで62打席ぶりの一発だった。

 打球角度が21度、打球速度が109マイル(約175・4キロ)という弾丸ライナーで運んだ復活弾。飛距離は385フィート(約117・3メートル)だった。ダイヤモンドを1周する大谷の顔に笑顔はなし。表情をほぼ変えることなくベンチに戻り、ナインからハイタッチなどで祝福を受けた。

 2点を追う5回先頭の2打席目は、カウント2―2から、外角の93・6マイル(約150・2キロ)シンカーをうまくはじき返して中前安打。8月25日(同26日)のアストロズ戦以来となるマルチ安打をマークした。すると、続くウォードの右中間への二塁打で一気に本塁へ生還。俊足を飛ばしてホームを踏むと、右手を上げてウォードをたたえる優しさを見せていた。打率も2割1厘となり、2割に復帰した。

 同点の6回2死走者なしで迎えた3打席目には、初球に珍しくセーフティーバントの構えも見せた。2ストライクから、3球目のカットボールをはじき返して一ゴロに倒れたが、打球速度93マイル(約150キロ)でしっかり捉えた当たりだった。試合前の時点で対戦成績が12打数5安打、打率4割1分7厘だった先発右腕・リンから3打数2安打と相性の良さをしっかり発揮した。

 試合前の時点で、打率1割8分9厘、5本塁打と調子上がらずに、前日の18日(同19日)まで6試合連続でスタメンを外れ、5試合連続で欠場していた大谷。先発投手に左腕が続いた不運も重なってベンチを温める日々が続いたが、ようやく本来の姿が戻ってきた。

 チームは初回に3点を失いながら、大谷の活躍もあって5回に追いつくと、同点の8回に無死一、二塁からトラウトの左前適時打で勝ち越し。逆転勝ちで3連勝として23勝30敗の借金7となり、ポストシーズン(PS)進出へのわずかな望みをつないだ。残りは7試合。PS進出圏内の2位・アストロズまでは3・5ゲーム差だ。
2020年09月12日
ミネソタ・ツインズの前田健太が現地時間11日、本拠地で行われたクリーブランド・インディアンス戦に先発すると、7回無失点の投球を見せて今季5勝目の権利を手にした。
しかし、この白星はただの1勝ではなかった。

 マッチアップした相手先発はシェーン・ビーバー。この試合時点で勝利(7)、防御率(1.25)、奪三振(94)でメジャートップに君臨し、他の指標でも軒並み上位に入っているサイ・ヤング賞当確とまで言われている男である。しかしこの日の前田は、“球界最強投手”を上回るピッチングでビーバーに今季初黒星をつけたのだった。
 
 前田は今季インディアンスと対戦して2勝0敗、防御率0.82、被打率.154と完全に“カモ”にしており、3戦目とあって相手も対策してくるかと思われたが、完全に杞憂だった。

 切れ味抜群のチェンジアップ、スライダー、4シームを抜群のコントロールで操り、この日も地区優勝争いを演じるライバル打線を寄せ付けない。許した4本のヒットはすべて単打、フォアボールも一つだけ。6回は先頭のフランシスコ・リンドーアを安打で出塁させたものの、5度目の牽制で見事アウトに仕留め、8個の三振を奪った。

 対するビーバーも2回にバイロン・バクストンに2ランを被弾して以降は完全に立ち直ったものの、7回2死から前田の女房役を務める新人ライアン・ジェフレスにソロアーチを浴びて今季ワーストタイの3失点。7回5安打3失点8奪三振とまずまずの内容ではなかったが、この日ばかりは相手が悪かった。前田があらゆる面で“サイ・ヤング賞筆頭”を凌駕していたのだから。

 前田は11日の試合を終え、今季成績を9先発して5勝1敗、防御率2.43、63奪三振。サイ・ヤング賞レースでは、今回の好投があってもビーバーとの差は相当に遠い。しかし、WHIP(1投球回あたりの走者数)はメジャー1位の0.73と、“最強投手”よりも相手打者に出塁を許していないのだ。この日のピッチングで改めて、今年の前田も“最強クラス”の投手であることを証明したに違いない。
2020年09月06日
■カブス 4-1 カージナルス(日本時間5日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は4日(日本時間5日)、メジャートップの7勝目を挙げた。本拠地のカージナルス戦で先発して7回1安打1失点と圧巻の投球を披露。7試合連続のクオリティスタートで、今季最多タイ11三振を奪った。今季初登板で黒星を喫したが、その後は7戦7勝で日本人投手初の快挙を達成。リーグトップの防御率1.44(メジャー2位)、63奪三振(メジャー3位タイ)となり、リーグ投手タイトル3冠に立った。最速は96.7マイル(約155.6キロ)。チームは2位・カージナルスとの直接対決を4-1で勝利し、地区首位を守った。

 初回から圧巻の投球を見せた。5回は3者連続三振に抑える力投で5回まで完全投球。6回先頭・カーペンターに右中間ソロを浴びてパーフェクトは途絶えたが、7回は主軸のゴールドシュミット、ミラーから2者連続三振を奪った。7回101球(ストライク69球)を投げ、無四球、1安打1失点。2試合ぶり2桁となる11三振を奪った。2桁奪三振は今季3度目で通算43度目。

 ダルビッシュは今季8試合に先発して、7勝1敗、防御率1.44。63奪三振となった。2日(同3日)には8月(7月を含む)のナ・リーグ月間最優秀投手を初受賞。日本人初のサイ・ヤング賞へ前進する7勝目となった。
2020年08月25日
[8.23 欧州CL決勝 パリSG 0-1 バイエルン]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は23日に決勝を行い、パリSG(フランス)とバイエルン(ドイツ)が対戦した。バイエルンは後半14分にFWキングスレー・コマンが決勝点を挙げ、1ー0で勝利。7シーズンぶり6度目の優勝を決めた。

 11度目の決勝進出を果たしたバイエルン。昨年12月11日から29試合28勝1分と驚異的な数字を残し、すでに2冠を抱えるドイツ王者は、4-2-3-1の布陣を敷く。守備陣はGKマヌエル・ノイアー、DFジョシュア・キミッヒ、DFイェロメ・ボアテング、DFダビド・アラバ、DFアルフォンソ・デイビス。中盤はMFレオン・ゴレツカとMFチアゴ・アルカンタラ。2列目にはMFセルジュ・ニャブリ、MFトーマス・ミュラー、そして今回唯一のメンバー変更で先発起用されたFWキングスレー・コマンが入り、最前線にFWロベルト・レワンドフスキが配置された。

 国内3冠のパリSGは欧州CLでは初の決勝進出。4-3-3の布陣で、GKケイラー・ナバスが負傷から復帰している。守備陣はDFティロ・ケーラー、DFチアゴ・シウバ、DFブレスネル・キンペンベ、DFファン・ベルナト。中盤はMFアンデル・エレーラ、MFマルキーニョス、MFレアンドロ・パレデスが並ぶ。前線にはMFアンヘル・ディ・マリア、FWネイマール、FWキリアン・ムバッペが配置されている。

 中盤から奪いにかかるバイエルンに対し、パリSGはプレスを抜けて相手守備ラインの裏を狙う。前半18分、マルキーニョスが中盤でボールを拾い、左サイドのムバッペにパス。守備陣の裏にパスを通すと、反応したネイマールが左足シュートを放つが、ノイアーのセーブに阻まれた。

 バイエルンは今大会15ゴールで得点ランクトップのレワンドフスキが牙をむく。前半22分、A・デイビスが左サイドからクロスを上げると、PA中央のレワンドフスキはゴールに背中を向けながらトラップ。素早く反転シュートを放つが、ゴール左ポストに直撃した。

 パリSGは前半24分に前線3枚とエレーラの鋭い攻撃。ディ・マリアの右足シュートはゴール上に大きく外れる。すると、バイエルンにアクシデント。ボアテングがもも裏を痛めて途中交代となり、DFニクラス・ズーレが緊急出場となった。

 両者ともに持ち味を生かす攻撃も、守護神が立ちはだかる。バイエルンは前半31分、ミュラーが右サイドからクロスを送ると、レワンドフスキが体勢を崩しながらヘディングシュート。ゴール前の強襲もナバスのスーパーセーブに阻まれる。一方、パリSGは前半終了間際にムバッペがゴール正面からシュートを放つが、勢い弱く、ノイアーの正面に収まった。

 0-0で前半を折り返すと、後半は膠着状態が続く。均衡が破れたのは後半14分、バイエルンは連続の縦パスからニャブリが右サイドからグラウンダーのクロス。相手に跳ね返されるが、キミッヒがPA右外から柔らかい浮き球パスを上げる。すると、ファーサイドに詰めたコマンがヘディングシュート。この試合で先発起用されたパリSG下部組織出身の24歳が待望の先制点を決めた。

 パリSGは後半19分、パレデスに代えて怪我明けのMFマルコ・ベッラッティを投入。同22分には右サイドのディ・マリアが左足クロスを上げ、ムバッペが詰めるもノイアーに阻まれる。その3分後にはディ・マリアが右サイドからPA右にパスを通し、走り込んだマルキーニョスが右足シュートを放つが、再びノイアーにセーブされた。

 バイエルンは後半23分、コマンに代えてMFイバン・ペリシッチを、ニャブリに代えてMFコウチーニョを投入。一方、パリSGは同27分にエレーラに代えてMFユリアン・ドラクスラーを出場させる。35分にはベルナトに代えてDFレイバン・クルザワを、ディ・マリアに代えてFWエリック・マキシム・シュポ・モティングを投入した。

 初優勝を狙うパリSGはネイマールとムバッペらが必死の猛攻を仕掛けるが、相手の堅固な布陣を崩せずに試合終了。バイエルンは1-0を守り切り、6度目の欧州CL制覇で今季3冠を達成した。

2020年08月17日
AP通信はPO進出を逃したNBA各チームを総括。ウィザーズの八村塁について「キャンプで先発の座を獲得し、ほとんどの新人と同様に浮き沈みを経験したが、チーム3位の平均13.5得点、2位の6.1リバウンドで成長を示した」と分析した。

 「ウォールとビールが戻れば楽しいチームになる」という八村の来季への抱負と、ブルックス監督の「さまざまなタイプの選手相手に守れるようにならないと」との指摘も紹介した。
2020年08月09日
川崎が破竹の8連勝だ!

 8月8日、J1第9節が行われ、首位・川崎は大分をホームに迎えた。ここまで4連敗とはいえ、片野坂知宏監督の“対策”に警戒が必要かと思われたが、試合はすぐに動いた。前半5分、中央でFW小林悠からのボールを受けたMF脇坂泰斗が、左サイドにいたFW三笘薫にパスを送ると、この23歳のドリブラーは思い切りよく右足シュート。目の前には相手DFが2人いたが、その間をすり抜けてゴールネットに突き刺さった。
川崎の攻撃はこれで勢いづき、残り85分はほぼワンサイドゲームの展開に。24分にはFWレアンドロ・ダミアンが相手DFを冷静にかわして2点目を決め、早くもこの試合の行方を決定づけた。時折、大分にボールを持たせるなどメリハリを付けながら、終わってみればシュート数は14:1。文字通りの完勝だった。

 大学を卒業したばかりの三笘が、ルヴァン杯・鹿島戦に続いて2戦連続弾を決め、助っ人ストライカーがきっちり加点するなど、層の厚さが際立つ川崎だが、現在の戦い方は、ポゼッションにこだわるこれまでの川崎スタイルをさらに進化させたもの。相手がボールを取りに来ればショートパスでかわし、一方で、かわされないために相手は簡単に飛び込んでこない。

 さらに、その圧倒的なボール保持で相手の攻撃を受ける回数も少ない。そのため、他チームに比べ、デュエルする場面が非常に少ないように思われる。一方で、相手にボールを持たせるときは、小林、三笘、レアンドロ・ダミアンなど前線の選手が相手ボール保持者に強めのプレスをかけ、中盤の選手がパスコースを切ることで、前線への持ち出しを一切させていない。


 加えて、Jリーグのデータによれば、川崎のチーム平均走行距離は18チーム中17位。スプリントの1試合平均回数も、川崎より少ないチームは2チームしかない。一方で、パスの本数は上位にあるから、人以上にボールを走らせる戦い方はデータも示している。この過密日程の中では、走る負担が少ない戦い方がもたらす恩恵は説明するまでもない。それも影響して、チームの故障者は極めて少ない。躍進の要因でもある選手層の厚さは、この戦い方もプラスしているのではないだろうか。

 とはいえ、この戦い方は他チームが簡単にマネできるものではない。止める・蹴るの技術的正確さを保持していること、そして、チーム全体で距離感や立ち位置を深く共有していることで、できることだからだ。

 ここまでの勝ち点は25。取りうる最大勝ち点の92.5%を得ていることになる。夏場に入り、過密日程と相まって選手やチームに疲労が蓄積していくが、川崎がこの戦い方をキープできるのならば、他チームとの戦力差は相対的に高まり、この92.5%という数字をさらに高めることもできるかもしれない。

2020年08月03日
◆大相撲七月場所千秋楽 ○照ノ富士(寄り切り)御嶽海●(2日、両国国技館)

 約2年半ぶりに幕内に復帰した元大関の東前頭17枚目・照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=が、史上最大のカムバック優勝を果たした。2敗で単独トップに立っていた照ノ富士は、3敗の関脇・御嶽海(27)=出羽海=を寄り切りで破り13勝目。けがによる序二段落ちを乗り越え、関脇時代の2015年夏場所以来30場所ぶり2度目の賜杯を手にした。
30場所ぶりの賜杯は、元関脇・琴錦の持つ43場所(91年秋、98年九州場所)に次ぐ、史上2位のブランク優勝。大関経験者の関脇以下での優勝は、76年秋場所の魁傑(当時・西前頭4枚目)以来で昭和以降2人目。再入幕、幕尻優勝はともに今年初場所の徳勝龍以来となった。

 照ノ富士は192センチ、180キロの巨体と重い腰で、相手を強引に引っ張り込むような相撲も武器に、2015年夏場所で初優勝して翌名古屋場所で大関に昇進した。大関を14場所務め、横綱候補と期待されたが両膝のけがや内臓疾患などに苦しみ、17年の九州場所で陥落。その後は大関経験者として初めて幕下以下まで転落し、一時は序二段をまで番付を下げた。

 「5回くらい親方(伊勢ケ浜親方)に辞めさせてくださいと伝えた」と気持ちが切れそうなこともあったが、周囲の励ましを力に現役を続行。体調が戻るとともに番付も戻して今場所、2018年初場所以来の幕内復帰を果たした。場所前に「いい相撲を見せて頑張りたい」と意気込んでいた元大関。コロナ禍により観客の上限2500人という異例の場所を、感動の復活Vで締めた。

 照ノ富士「続けてきてよかったです。いろんなことがあったですけど、こうやって笑える日が来ると信じてやってきました。一生懸命やったらいいことがあると思って。1日1番なんで、前向きで取っていきました。イケイケの時に優勝してますから、今は慎重に取ってます。落ちてる時も応援してくれてくれてる方々、みんなが支えてくれた人たちがいたから恩返しようと思って…」

 ◆照ノ富士 春雄(てるのふじ・はるお)

 ▼本名 ガントルガ・ガンエルデネ。あだ名は「ガナ」。

 ▼生まれとサイズ 1991年11月29日、モンゴル・ウランバートル市生まれ。192センチ、180キロ。

 ▼しこ名 入門直後は当時の師匠・間垣親方(第56代横綱・2代目若乃花)が大関まで使っていた「若三杉」から取った「若三勝」。伊勢ケ浜部屋転籍後に部屋の大先輩、第38代横綱・照国と、師匠・伊勢ケ浜親方の第63代横綱・旭富士からもらった。

 ▼スポーツ歴 白鵬の父・ムンフバトさんの紹介で16歳から柔道を始め、18歳で逸ノ城らと共に鳥取城北高に相撲留学。

 ▼入門 11年に外国人が空いていた間垣部屋に入門し、5月の技量審査場所。

 ▼好物 焼き肉。カレーライスが嫌い。
2020年07月31日
◇ア・リーグ エンゼルス―マリナーズ(2020年7月29日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が29日(日本時間30日)、本拠地・アナハイムでのマリナーズ戦に「4番・DH」で先発出場。4回の第2打席に今季初アーチとなる逆転3ランを放った。
初回2死一塁からの第1打席、マ軍の先発右腕ダンの初球を捉えたものの、右直に終わった大谷。1点を追う4回無死一、二塁の第2打席、カウント0-2から内角低めの変化球をジャストミートし、右中間スタンドに運んだ。

 昨年9月11日(同12日)に本拠地でのインディアンス戦の5回に右越えソロを放って以来、322日ぶりの一発。

 6回無死からの第3打席は、カウント1ボール2ストライクの場面で2番手左腕マーグビチウスが負傷交代。代わった3番手右腕ショートに空振り三振に抑えられた。4番手の右腕ウィリアムズと対戦した7回1死一塁からの第4打席はニゴロだった。

 前日28日(同29日)の同カードでは、「5番・DH」で先発出場。6回に今季初タイムリー、初打点となる右中間適時二塁打するなど、5打数1安打1打点だった
2020年07月20日
スペイン2部リーグで、ウエスカの1部昇格の立役者となったFW岡崎慎司(34)の契約が自動的に更新されるとスペイン紙アスが19日に報じている。

ウエスカは17日、ホームで行われたスペイン2部リーグ第41節ヌマンシア戦に勝利して2位以内を確定させ、わずか1年で1部返り咲きを決定した。

岡崎は昨夏、スペイン2部のマラガに入団するも、サラリーキャップ制(移籍金の減価償却費及び選手年俸)の問題で選手登録できず、ウエスカと今季1年間の契約を結んでいた。

この契約条項には2季目をプレーする契約延長オプションが含まれていた。そのためアス紙はチームが1部昇格を決めたことにより、岡崎の契約が自動的に延長され、来季もウエスカでプレーすることが決定したと伝えている。

岡崎同様、昨夏より契約を結び、わずか1年でウエスカを1部昇格に導いたミチェル監督も今季で切れるはずだった契約が自動延長されている。ミチェル監督は2年前の2017-18年にも2部を戦ったラリョ・バリェカノを1部に昇格させており、わずか3年間で2チームを1部に引き上げる「昇格請負人」になっている。

岡崎はヌマンシア相手に美しいヒールショットで今季の12得点目を記録し、ウエスカが1部昇格を決めた直後に「スペインの1部でやりたいという夢がこれでかないます。来シーズンはビッグチームもいっぱいある中で、自分たちは1部でまずウエスカ初の残留を果たせるように、自分はチームに貢献できるように、またゴールを取れるように頑張りたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」と意気込みを語っていた。

岡崎は来季、レアル・マドリードやバルセロナなど世界最高峰のチームが集う、夢のスペイン1部リーグに初挑戦する。
2020年07月12日
巨人は今季初の4連敗で開幕から守ってきた首位から陥落した。

 この日は1回2死一塁からヤクルト村上の左中間への飛球を中堅丸と左翼亀井が“お見合い”し、これが先制の適時二塁打に。攻撃でも1点を追う6回1死一、三塁で悔やまれるプレーが起きた。炭谷の遊ゴロの際に一塁走者パーラが二塁に滑り込んだ際にベースカバーに入った山田に接触した。転倒し一塁へ送球できなかったため高津監督がリクエスト。その結果、危険なスライディングと判断され、打者走者の炭谷もアウトになった。巨人は思わぬ形で同点機をつぶしてしまった。

 一方、ヤクルトは引き分けを挟んで4連勝で、昨年4月以来の首位になった。
2020年07月03日
 ◆日本ハム-ソフトバンク(3日、札幌ドーム)

 ソフトバンク・今宮がプロ野球史上7人目の通算300犠打を達成した。
「2番・遊撃」でスタメン出場。1点を追う6回無死一塁、1ボールから日本ハム・有原の2球目を投前へ転がし、犠打を決めた。

 残り「1」として今季を迎え、開幕13試合目での達成。この後、柳田に同点打、バレンティンに勝ち越し2ランが出て、記録達成に花を添えた。

 プロ野球の通算犠打上位は以下の通り。

1 川相昌弘 533(1909試合)

2 平野 謙 451(1683試合)

3 宮本慎也 408(2162試合)

4 伊東 勤 305(2379試合)

5 田中浩康 302(1292試合)

6 新井宏昌 300(2076試合)

6 今宮健太 300(1067試合)※達成時点

 「バントの神様」川相の記録が頭一つ抜けている。川相は3・58試合に1個のペース。今宮は300犠打到達時点で3・56試合に1個で、川相をわずかに上回るペースとなっている。
2020年06月25日
マンフレッド・コミッショナーの強行開催で、最短で7月24日から60試合での開幕に合意した選手会と大リーグ機構は23日(日本時間24日)、新型コロナウイルス感染対策についても合意。紆余(うよ)曲折を経た大リーグの2020シーズン開催が、ついに正式決定した。選手会は「全ての問題は解決し、選手はキャンプに集合する」と声明を発表した。

 3月の時点で大リーグ機構は67ページに及ぶコロナ安全対策ルールを作成したが、今回の最終合意に際しての新ルールは108ページに及ぶ。体温チェックや、手洗いの敢行、ひまわりの種のつば吐きやハイタッチの禁止など3月の時点で決まった対策に加えて、米メディアの情報を総合し、多岐にわたる新ルールの一部を紹介すると、既往歴など感染のハイリスク選手が欠場する場合の給与保証は、今回、新たに妊娠中の配偶者がいる場合も全額保証されることになった。

 各チームは、28日(日本時間29日)までに大リーグ・キャンプに参加する60人の名簿を提出(メジャー登録40人枠に加えて最大20人を招請できる)。全選手、スタッフ、職員の検査が義務付けられており、キャンプ初日の1日に先立って、現地にリポート。先に投手と捕手がキャンプインした後に、野手が合流する形をとる。一度に多くの選手が施設に殺到しないよう、時間差でキャンプインとなる。シーズンは従来の26人出場枠を開幕時は30人とし、2週間後に28人、4週間後に26人とする。

 トレード期限は通常の7月31日から1か月遅れの8月31日に設定。ポストシーズンの登録選手は9月15日にメジャー登録されている事が条件となる。

 試合中の新ルールとしては、接触を避けるため、乱闘の禁止。監督が審判の判定に抗議する場合も6フィートの距離を保つ、試合前の食事はバイキング形式が禁止となる。レギュラーシーズンの日程は週明けにも明らかになる見込みだ。
2020年06月23日
2016年に覚醒剤取締法違反などの罪で有罪判決を受け、15日に執行猶予が明けた元プロ野球選手、清原和博氏(52)が、22日にCS「フジテレビONE」で放送された「プロ野球ニュース」(後11・00)に生出演した。事件後初めてのテレビ出演となった。
特別ゲストとしてスーツ姿で登場。最初は表情が硬かったがPL学園の後輩で司会を務めた野球解説者の片岡篤史氏(50、本紙評論家)に紹介されると「後輩にこういう形で会えてうれしいですね」と和やかに笑った。

 19日のプロ野球開幕は巨人―阪神戦を観戦し「巨人の菅野投手の、ケガの復帰からのピッチングが凄かった」。現役時代を振り返り「毎年開幕の3連戦は緊張した。使うバットを選ぶのに2時間かかった」と明かした。高校野球の指導者という夢には「今年春夏の甲子園が中止になり、自分自身もショックを受け思いが強まった」と話した。

 約20分間にわたり思いを語った清原氏はスポニチ本紙にコメント。「久しぶりのスタジオに緊張しました」と明かしつつ「プロ野球開幕のタイミングで出演できる喜びと感謝をかみしめながら話をさせていただきました」と胸中を語った。

 薬物依存症やうつ病などとも闘い、苦しみ続けた4年間を経て野球に一歩近づけたことに「胸の中が熱くなるのを感じました」と感激を口にし、「これからも何らかの形で野球界に携わっていければと思います」と改めて再起を期した。 
2020年06月04日
▼5位 松山竜平(広島)
昨季は不振だったが、打撃センスは折り紙付きの“アンパンマン”が5位に入った。クロマティ氏いわく「個人的に好きなタイプのバッター。カウントやランナーの有無を含め、どんな状況でもプレッシャーに動じない打者で、ピッチャーからしたらピンチで迎えたくないはず」。

▼4位 柳田悠岐(ソフトバンク)
強烈なフルスウィングをトレードマークとする一方、首位打者に2度輝くなど確実性も備えた“ギータ”が4位。クロマティ氏の印象は「とにかくアグレッシブなアプローチを心がけているバッター」「強く速いスウィングでボールを遠くに飛ばす力を持っているアスリートタイプ」。
 
▼3位 福留孝介(阪神)
日米通算2395安打を放ち、43歳を迎えた今も第一線で活躍する大ベテラン。クロマティ氏は「日本だけではなくMLBでも豊富な経験があり、力強いスウィングと長打力を備える」と評価。また、「特に彼の場合は打席で臨機応変に対応するアイデア力がある」とも指摘している。この対応力が2006年WBC準決勝・韓国戦での一発に代表されるクラッチぶりにつながっているのかもしれない。

▼2位 青木宣親(ヤクルト)
NPB歴代最高の通算打率.326を誇る稀代の好打者で、メジャーでも通算打率.285と活躍した。クロマティ氏は「ミスショットが少ない、広角に打てる、走れる、状況に応じたパワーも兼ね備えている」と手放しの絶賛。「常にコンパクトなスイングでバットをコントロールできるから、メジャーの速球派のピッチャーに対しても順応できた」とも評している。

▼1位 丸佳浩(巨人)
パワーと選球眼を兼ね備え、広島時代の18年には39本塁打、出塁率.464をマーク。FAで巨人に移籍した昨季もリーグ優勝に貢献した。クロマティ氏いわく「とにかくハードワーカーで研究熱心。『打撃の教授』と呼べるほど頭のいい選手」。加えて「失投をすれば必ず仕留めるので、相手投手は丸が打席に立つと常にプレッシャーを感じながら最高の投球を強いられることになる」と分析する
2020年05月22日
2020年、世界は次々と災害に見舞われている。ロジャー・フェデラー(スイス)は、オーストラリア森林火災の被害者、新型コロナウイルスのパンデミックにより苦しむアフリカの貧しい子供たちと、世界中の苦しむ人々に援助の手を差し伸べている。彼の寄付額が、2020年最初の5ヶ月ですでに500万ドル(約5億3800万円)を超えていることが分かった。Tennis World USAが伝えている。
最初は今年の1月だった。フェデラーと盟友ラファエル・ナダル(スペイン)は、オーストラリアで約1860万ヘクタールを焼いたといわれる森林火災からの復興のため、一緒に17万ドル(約1800万円)以上の寄付を発表した。

当時、フェデラーは「大変なことだ。自分の国に起こったら、どうだろう。スイスは運良くこんな事態になっていない、だから喜んで助けるよ。いつだって喜んで僕の時間でも、お金でも助けになるならば。少なくとも、自分がやるべきことはしたい」と語っていた。

2020年は、あまりプロテニスを見られる機会がなくなってしまった。その中では南アフリカのケープタウンでロジャー・フェデラー財団の主催により行われた「Match for Africa 6」エキシビションは、今シーズンのハイライトの一つと言えるかもしれない。

フェデラーとナダルは、マイクロソフト創設者のビル・ゲイツ、コメディアンのトレバー・ノアと共に、5万人を超える観客の前でエキサイティングなエキシビションを行い、アフリカの貧しい子供たちのために300万ドル(約3億2300万円)以上を集めた。

エキシビションの後のコート上で、フェデラーは「今夜ここにいられることは素晴らしい特権だ。もちろん、僕らは最高のテニスをしたいと思っている、僕らはそれで世界に知られているのだから。またラファと試合ができるのは本当に嬉しいけど、それが南アフリカの、この美しいケープタウンの町で初めて行われることは、僕にとって何より意味のあることなんだ。いろんな意味で、本当に特別なことだ」と言った。

さらにフェデラーは妻ミルカさんとともに、新型コロナウイルスの影響を受けたスイスの家庭を援助するため100万ドル(約1億760万円)を寄付。スイスでの新型コロナウイルス感染者数は3万人を超え、1600人以上の死者を出している。その際、彼はInstagramに「我々は困窮する家庭を、すぐに、面倒な手続き不要で援助しなければならない」と綴った。

またフェデラーはアフリカの貧しい子供たちとその家族のためにも100万ドルを寄付。それによって6万4千人以上のアフリカ人に食料が供給される。
2020年05月16日
 野球を客観的に分析する手法の1つとして、球界でも活用されているセイバーメトリクス。様々なデータを活用し、科学的かつ合理的に分析しようとするもので、メジャーリーグのみならず、今では日本のプロ野球でも駆使されている。
そのセイバーメトリクスの中には様々な「WAR」や「wRC+」「tRA」といった指標がある。「WAR」は選手個々の勝利貢献値を表し、同じ出場機会を代替可能水準(控えレベル)の選手が出場した場合に比べて、どれだけチームの勝利数を増やしたかを示すもの。「wRC+」は打撃傑出度とされ、リーグ平均の打者を100とし、打席あたりの得点創出の多さを表す。そして「tRA」は投手の指標で、守備から独立した部分での防御率を表す。必ずしもこれらが“絶対”というわけではないが、野球をより多角的に見る、選手を客観的に評価する材料として面白いものだ。

 そこでここでは、株式会社DELTAのデータを用いて昨季の成績を分析し、日本のプロ野球界で“過小評価”されている選手をピックアップしてみたい。まずは野手だ。なお、MLBで見ると、野手でWARやwRC+で上位に入るのはトラウトやブレグマン、イエリッチ、ベリンジャーら、投手でもWARやtRAで上位に来るのはゲリット・コールやマックス・シャーザー、ジェイコブ・デグロム、ステフェン・ストラスバーグなど錚々たる顔ぶれになり、その選手たちの働きを反映するものとなっている。

 まず、野手でも特に打撃に特化してみよう。打撃傑出度を示す「wRC+」で12球団トップ(100打席以上)なのは広島・鈴木誠也外野手。「wRC+」は全選手でも群を抜く「179」で他の平均的な打者に比べて1.79倍、得点を生む選手であることを示す。2位はソフトバンクの柳田悠岐外野手とオリックスの吉田正尚外野手(168)。さらに、ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手(167)、西武の森友哉捕手(162)と続き、やはりトップ10には球界を代表する、錚々たる顔ぶれが並ぶ。
11位には中日のダヤン・ビシエド内野手(wRC+148)が入るのだが、ここからちょっと意外な名前が出てくる。12位は同じく中日のソイロ・アルモンテ外野手、そして14位も中日の福田永将内野手となる。2人は規定打席には届いておらず打席数は少ないが、「wRC+」は145を叩き出している。これはウラディミール・バレンティン外野手やネフタリ・ソト内野手を上回っている。

 守備の指標も加え総合的な勝利貢献度を表す指標である「WAR」でも見てみよう。こちらも12球団のトップは鈴木だ。WARは8.6をマークしており、代替可能水準の選手に比べて鈴木が8.6勝増やしたとされる、2位が森(7.8)で、3位に坂本(7.2)、4位に山田哲人(6.8)と続いていく。

 この4人に続く5位にランクインしてくるのが西武の外崎修汰内野手。WARは6.3をマークしており、勝利貢献度においては球界でもトップクラスだ。さらに楽天の浅村栄斗内野手、レッズへ移籍した秋山翔吾外野手に続く8位にはロッテの荻野貴司外野手が顔を覗かせる。荻野のWARは5.6で、オリックスの吉田よりもWARでは0.1上回っている。10位以下でも、例えば、11位の楽天・茂木栄五郎内野手(4.9)や19位の阿部寿樹内野手(3.7)、23位の京田陽太内野手(3.6)といった面々も、もっと評価されていい選手ではないだろうか。
2020年05月09日
プロ野球が最短で6月19日の開幕に向けて準備を本格化させていく。新型コロナウイルスの感染状況を注視しながら、複数球団が今月中旬からの全体練習再開を検討。6月上旬に対外試合が行えれば、開幕まで約1カ月の準備期間の完了が見える。
当初の3月20日開幕から延期が長期化。ただ感染の鈍化傾向も見られ、全国的にも日常を取り戻すために段階的に制限緩和への動きも出てきた。国内スポーツも自粛の日々を過ごしたが、国民的プロスポーツが旗手となり、底力を示す。


桜が散り、初夏を迎えても「日常の風景」を失って久しい。人間に備わった「投げる」という特殊能力を磨き上げ、職人が丹精に削った木を唯一の相棒に、超人的な反射神経と鍛え抜かれた腕力で対峙(たいじ)する。単純にして精巧。相反する要素を持つスポーツに娯楽のDNAをくすぐられ、多くの人々が魅了されてきた。間もなくプロ野球の幕が開ける。

6月19日。忍耐を強いられた日々の1つの出口であり、これから生まれる無数の希望の入り口になる。3月20日の開幕が延期され、専門家も交え、球界は開幕の是非について議論を交わしてきた。止まらぬウイルスの猛威に4月10日以降、同24日とカレンダーは無情にめくられていく。

5月に入り、同月末まで緊急事態宣言は延長となった。7月まで開幕がずれ込むことも予想された。一方で、感染状況は鈍化の傾向も見られる。全国的にも活動自粛に段階的な緩和が検討されている。延長前の5月6日までの同宣言発令中は、全体練習も控えた。だが緩和の流れに加え、各自治体の理解も進み、複数の球団が今月中旬の全体練習再開を視野に入れている。

同宣言が解除となれば、6月初旬の練習試合も可能となり、約1カ月の準備期間というロードマップで、待望の「6月19日の開幕」が見えてくる。11日にはJリーグとの対策連絡会議、臨時12球団代表者会議が予定され、開幕日を煮詰めていく。

プロ野球が発する底力。選抜高校野球、全国高校総体の中止で高校生は夢を奪われた。東京五輪の延期でトップアスリートは祭典まで1年の歳月を待たなければいけない。そんな状況下で国民的スポーツが先陣を切る意義は大きい。開催が不透明な夏の甲子園大会への希望の轍(わだち)となってほしい。

依然、予断を許さない状況は変わらない。節度ある我慢を緩めれば、これまでの努力が水泡に帰する。開幕までも、開幕してからも感染予防という経験のない神経戦を繰り広げなければいけない。選手自身もリスクと背中合わせ。その上で最高のパフォーマンスを披露しても、しばらくスタンドは空虚な無観客試合になることは必至だ。現状では最大125試合で交流戦もない。球宴の実施も難しい。長年の歴史で培ったシーズンの様式美ではない。それでも日々、プロ野球が行われる。

その先に生まれてくるもの。日常を取り戻すための、目には見えない、だが大きな歩みになる
2020年04月29日
阪神、日本ハム、米大リーグで活躍した新庄剛志氏(48)が生活拠点としていたインドネシア・バリ島を引き払い、日本に帰国することが27日、分かった。
昨年11月に現役復帰を宣言し、トレーニングに励んでいる。すでに日本での練習場所の確保に動くなど、前代未聞のプロ球界復帰に本腰を入れる。

新庄氏がプロ球界復帰へ、本腰を入れる。現役を引退した後、インドネシア・バリ島に居を移していたが、すべてを引き払って日本に帰ってくることが分かった。

本来は春季キャンプ前に帰国する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期。5月に戻る計画も立てたが、これもやむなく引き延ばされた。現役復帰に向け、バリ島ではウエートトレーニングをはじめ、キャッチボール、ティー打撃を続ける日々。ただ生きた球を打つ練習量が不足している状況という。そこで関係者が帰国後にマシン打撃ができる施設を確保するなど準備に入った。本人もコロナ禍の状況を踏まえながら、渡航、帰国のタイミングを見据えている。

新庄氏は19年11月12日に自身のインスタグラムで「みなさん、夢はあるかい!?」と呼び掛け、突然の「現役復帰」を宣言し、周辺をざわつかせた。その場では「1%の可能性があれば必ずできる」と投稿し、バットを振るなどトレーニングをする動画も寄せてカムバックをアピールした。

06年にリーグ優勝、日本一を遂げた日本ハムを引退してから、13年間のブランクがある。プロ野球界は前代未聞の復帰プランに懐疑的だった。ただ一方で、本人をよく知る選手、関係者から「これまでサプライズを起こしてきたからやりかねない」と本気度に納得する反応も聞かれた。

阪神時代には敬遠球をサヨナラ打にする離れ業をやってのけた。01年にイチローと日本人野手初の米大移籍、日本ハム電撃入団など数々のドラマを演じた。「記録より、記憶に残る選手」を地でいった男は今年1月下旬にも「あのグラウンドに、もう1度立ってみせようじゃないか」とコメントしていた。その言葉にうそがなかったことを裏付け、本人の覚悟を態度で示すのが、これまで10年以上も暮らしたバリ島からの引っ越しになる。

これまで「プリンス」「嵐を呼ぶ男」「宇宙人」など、さまざまな代名詞で表現された新庄氏。失敗も承知の上だろうが、生き方までは曲げられない。関係者には「ぼくは損得で動かないし、死ぬまで失敗を続けるかも。でもだれかを笑顔にさせられたら、ぼくはそれでいい」と伝えている。またまたアンビリーバブルな「新庄劇場」の幕が開く予感がしてきた。【寺尾博和】

○…新庄氏にとって、帰国する際の悩みの種は、愛犬ラナちゃん(ポメラニアン種)の存在だという。新型コロナウイルス感染拡大で離発着時の空港のチェックが厳しい状況で、一緒に帰国するのが難しいようだ。

18年本紙のインタビューで、バリ島での生活について「朝起きて、海行って、朝食食べて、犬の散歩して、また海いって…」と話していた。ラナちゃんとの散歩の時間がもっとも大切という説明だった。

現地で取り組んでいたモトクロス、エアブラシアートから手を引き、現在は収入も限られ、家賃月3万円のアパート住まい。最大の理解者? ラナちゃんと一緒に日本で暮らすために名案を模索している。
2019年06月05日
◆テニス 全仏オープン第10日(4日、パリ・ローランギャロス)▽男子シングルス ロジャー・フェデラー3(7―6、4―6、7―6、6―4)1スタン・バブリンカ

 準々決勝が行われ、4年ぶりの全仏オープン出場で世界ランク3位のロジャー・フェデラー(37)=スイス=は同28位で15年大会覇者のスタン・バブリンカ(34)=スイス=を3―1で下し、7年ぶりに準決勝進出を決めた。

 2―2で迎えた第4セットは第8ゲームまで互いにサービスキープが続く互角の展開。4―4で迎えた第9ゲームにようやくブレイクに成功したフェデラーが第10ゲームもサービスキープし、激戦を制した。「グランドスラムの準決勝に来れてとてもうれしい」と喜ぶとともに、準決勝のナダル戦に向けては「興奮している。ここから(体を)回復できるように願う」と意気込んだ。

 過去の対戦成績は23勝15敗でナダルが勝ち越している。うち24試合が決勝で顔を合わせてきた。


★WEB掲載外アイテム


・「The Good Girl」よりジェニファー・アニストン 実着用シャツ
・同実使用電話機
・「Enough」よりジェニファー・ロペス 実着用衣装
・「The Rookie」よりチャーリーシーン 実使用銃
・「JFK」よりケビン・コスナー 実着用シャツ
・「Reindeer Games」よりベン・アフレック 実着用スウェットシャツ
・「Mad About」よりヘレン・ハント 実着用衣装
・「Shallow Hal」よりグウィネス・パルトロー 実使用サイン入りディレクター椅子
・「Duplex」よりドリュー・バリモア 実着用衣装
・「Beberly Hills Cop」よりエディ・マーフィー 実使用銃
・「Spy Game」よりブラッド・ピット 実着用衣装&ブーツ
・「Spy Game」よりロバート・レッドフォード 実着用シャツ&ジーンズ
・同実使用小道具
・「SIGNS」よりメル・ギブソン 実着用Tシャツ(着用時写真付き)
・「Bruce Almighty」よりジム・キャリー 実着用衣装
・「The Recruit」よりアル・パチーノ 実着用サングラス&トレンチコート
・「Bourne Identity」よりマット・デーモン 実着用衣装
・「Nuty Professor2」よりエディ・マーフィー 実着用衣装
・「Legally Blonde2」よりリーザ・ウィザースプーン 実使用枕
・「Hurricane」よりデンゼル・ワシントン 実着用衣装
・「Hannibal」よりジュリアン・ムーア 実着用衣装&ブーツ
・「GOZILLA」よりジャン・レノ 実着用シャツ&T-シャツ&パンツ&キャップ&ベルト
・「Erin Brockovich」よりジュリア・ロバーツ 実使用オフィスセット
・「タイタニック」よりケイト・ウィンスレット レプリカドレス
・「SWAT」よりコリン・ファレル 実着用シャツ
・「8MM」よりニコラス・ケイジ 実着用シャツ、パンツ、ベルト
・「Assault on Precinct 13」よりイーサン・ホーク 実着用ブーツ、ジーンズ、シャツ
・サンドラ・ブロック 実着用パーカー
・スティーブ・マックイーン 実着用サングラス
・レオナルド・ディカプリオ ハイスクール卒業アルバム
・スティーヴン・キング 直筆サイン入り著書
・アーノルド・シュワルツネッガー 直筆サイン入りBOOK(3冊)
・木村拓哉 ミュージカル「セイント星矢」直筆サイン入りパンフレット
・イ・ビョンホン 直筆サイン入りDVD「バンジージャンプする?」より
・イ・ビョンホン 直筆サイン入りパラソル
・ぺ・ヨンジュン 直筆サイン入りマガジン
・ペ・ヨンジュン&チェジウ 直筆サイン日付け入り「冬のソナタ」DVDセット
・"「タイタニック」メモラビリアセット
(ケイト・ウィンスレット直筆サイン入り額入りフォト、ケイト・ウィンスレット「Titanic」レプリカ限定ネックレスその他)"
・パク・シニャン 直筆サイン入りDVD「インデイアンサマー」
・"「バイオハザード2・アボカリプス」よりミラ・ジョヴォヴィッチ 
実着用衣装、台本、演技マニュアル "
・「UNFINISHED LIFE」よりモーガン・フリーマン 実着用シャツ
・「UNFINISHED LIFE」よりロバート・レッドフォード 実着用ジャケット
・「ELIZABETH TOWN」よりオーランド・ブルーム 実使用シャツ
・「ELIZABETH TOWN」よりオーランド・ブルーム 実使用Tシャツ&キャップ
・「ELIZABETH TOWN」よりオーランド・ブルーム 実使用Tシャツ
・「ELIZABETH TOWN」よりオーランド・ブルーム 実使用シューズ
「ELIZABETH TOWN」よりキルステン・ダンスト 実使用タンクトップ&ネックレス
・"レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット&ジェームズ・キャメロン
直筆サイン入りフォト(額入り)"
・福山 小夜 「高倉 健」版画〈2個)
・ヒラリークリントン 直筆サイン入り「Living Story」
トム・ハンクス 直筆サイン入りフォト(額入り)
・渡辺謙 「硫黄島からの手紙」より直筆サイン入りフォト
・スパイダーマン3 映画実使用ストリートバナー
・ジュリア・ロバーツ 直筆サイン入りフォト(額入り)
・ヘンリー・フォンダ 直筆サイン入りフォト(額入り)
・ハル・ベリー 直筆サイン入りフォト(額入り)
・木村拓哉 実使用サイン入り「あすなろ白書」台本(フォト含め)
・チャールズ・ブロンソン 使用済み小切手入り額(「荒野の7人」フォト入り)
・木村拓哉 「シュート」より直筆サイン入りパネル
・ベン・アフレック 直筆サイン入りフォト
・渡辺謙 「ラストサムライ」より直筆サイン入りフォト
・ジャック・ニコルソン 直筆サイン入りフォト
・ハリソン・フォード 直筆サイン入りフォト
・ドリュー・バリモア 直筆サイン入りフォト
・ショーン・ペン 直筆サイン入りフォト
・シャリーズ・セロン 直筆サイン入りフォト
・ミラ・ソルヴィーノ 直筆サイン入りフォト
・ジャニファー・アニストン 直筆サイン入りフォト
・エディ・マーフィー 直筆サイン入りフォト
・マット・デーモン 直筆サイン入りフォト
・ジョニー・デップ 直筆サイン入りフォト
・ジョニー・デップ&オーランド・ブルーム 直筆サイン入りフォト
・ジョッシュ・ハーネット 直筆サイン入りフォト
・ジェイミーフォックス 「Ray」より直筆サイン入りフォト
・メグ・ライアン 直筆サイン入りフォト
・アン・ハサウェイ 直筆サイン入りフォト
・リチャード・ギア 直筆サイン入りフォト
・ヒュー・グラント 直筆サイン入りフォト
・ミラ・ジョヴォヴィッチ 直筆サイン入りフォト(1)
・ミラ・ジョヴォヴィッチ 「バイオハザード2」より直筆サイン入りフォト(2)
・コリン・ファレル 直筆サイン入りフォト
・ダニエル・ラドグリフ&ルパート・グリント 直筆サイン入りフォト
・トム・クルーズ 直筆サイン入りフォト
・ジュリアン・ムーア 直筆サイン入りフォト
・ブラッド・ピット 直筆サイン入りフォト
・ケビン・コスナー 直筆サイン入りフォト
・イーサン・ホーク 直筆サイン入りフォト
・ジョージ・クルーニー 直筆サイン入りフォト
・"「ロード・オブ・ザ・リング」より直筆サイン入りフォト
(イライジャー・ウッド、ショーン・オースティン、ドミニク・モナハン、ビリー・ボイド)"
・リブ・タイラー 「ロード・オブ・ザ・リング」より直筆サイン入りフォト
・ジョン・トラボルタ&オリビア・ニュートンジョン
「グリース」より 直筆サイン入りフォト"
・ヒラリースワンク 「ミリオンダラーベイビー」より直筆サイン入りフォト
・ヒュー・ジャックマン 「バンヘイシング」より直筆サイン入りフォト
・デニス・クエイド 「オールドルーキー」より直筆サイン入りフォト
・アンジョーリナ・ジョリー 直筆サイン入りフォト
・ヘレン・ハント 「Mud About You」より直筆サイン入りフォト
・ナオミワッツ&ジュード・ロウ 直筆サイン入りフォト
・ナタリー・ポートマン&ジュード・ロウ 「Closer」より直筆サイン入りフォト
・"グイネス・パルトロー&ジュード・ロウ
「スカイキャプテン」より直筆サイン入りフォト"
・アーノルド・シュワルツネッガー 直筆サイン入りフォト
・ジェニファー・ラブ・ヒューイット 直筆サイン入りフォト
・サラ・ミシエール・ゲラー 直筆サイン入りフォト
・キャメロン・ディアス 直筆サイン入りフォト
・ジェニファー・ロペス 直筆サイン入りフォト
・トビー・マグワイア 「スパイダーマン」より直筆サイン入りフォト(1)
・トビー・マグワイア 「スパイダーマン」より直筆サイン入りフォト(2)
・ニコール・キッドマン 直筆サイン入りフォト
・メル・ギブソン 「パトリオット」より直筆サイン入りフォト
・"トム・ハンクス&キャサリン・ゼータ・ジョーンズ
「ターミナル」より直筆サイン入りフォト"
・"ショーン・コネリー&ハリソン・フォード
「インデイジョーンズ」より直筆サイン入りフォト"
・"レニー・ゼルウイガー&ヒユー・グラント
「ブリジットジョーンズ」より直筆サイン入りフォト"
・ロバート・レッドフォード 直筆サイン入りフォト
・ロバート・デニーロ 「ゴッドファーザー2」より直筆サイン入りフォト
・ラッセル・クロウ 「グラディエーター」より直筆サイン入りフォト
・モーガン・フリーマン 直筆サイン入りフォト
・キルステン・ダンスト 直筆サイン入りフォト
・チャールズ・リンドバーグ 直筆サイン入りフォト
・ロブ・トーマス 「Match Box20」サイン入りギター
・メタリカ 直筆サイン入りドラムヘッド
・U2 U2サイン入りドラムスネア
・U2 サイン入り額
・バーバラ・ストライサンド 『MEMORIES』450万枚売り上げ記念ゴールドディスク
・ティナー・ターナー サイン入りアルバムジャケット
・シンデレラ Gold Album Award「Tonight」(額入り)
・ホール&オーツ RIAA GOLD RECORD ALBUMtei
・マドンナ 『EXPRESS YOURSELF』100万枚売り上げ記念ゴールドディスク
・スティング (THE Police)直筆サイン入りフォト額入り
・チャン・ユンジョン 直筆サイン入りCD(カード付き)
・東方神起 直筆サイン入りフォトブック・VCD2枚付き
・B'z 直筆サイン入りCD(額入り)
・AC/DC 直筆サイン入りドラムヘッド
・マライア・キャリー サイン入りフォト
・Guns&Roses 「SLASH」直筆サイン入りフォト
・ジャネット・ジャクソン 直筆サイン入りフォト
・ブルース・スプリングスティーン 直筆サイン入りフォト
・シルベスタ・スタローン 直筆サイン入りボクシンググラブ
・Nelly 直筆サイン入りプラーク
・ニコラス・ケイジ 実使用カメラ「The Weather Man」より
・ニコラス・ケイジ 実使用ジャケット・シャツ・ネクタイ 同映画より
・オーランド・ブルーム 実着用Tシャツ①「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用Tシャツ②「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用Tシャツ③「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用Tシャツ④「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用Tシャツ⑤「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用シャツ①「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用シャツ②「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用シャツ③「Elizabeth Town」より
・ケビン・コスナー 実着用衣装 「Dragon Fly」より
・オードリー・ヘップバーン 直筆サイン入りフォト(額入り)
・ホアキン・フエニックス 直筆サイン入りフォト(額入り)
・シャロン・ストーン 実着用バーバリーコート 「コールドクリーク」より
・シャリーズ・セロン「AEON FLUX’S」より実着用FurtaristicTop
・シャリーズ・セロン「AEON FLUX’S」より実着用FurtaristicTop
・シャリーズ・セロン「AEON FLUX’S」より実着用Sleeveless Top
・シャリーズ・セロン「AEON FLUX’S」より実着用Grisha LA シューズ
・ブリトニー・スピアーズ 直筆サイン入りギター
・RIAA Gold Record Award Aerosmith [Get Your Wings]
・レイ・チャールズ 実着用タキシードシューズ
・ブルース・ウイルス 実着用衣装「Fifth Element」より
・ジョージ・クルーニー 実着用衣装「3Kings」より
・木村 拓哉主演ドラマ「HERO」第10話台本&紅白歌合戦フォト(額入り)
・ジョッシュ・ハーネット実着用シャツ「Lucky#Slevin」より
・ジョッシュ・ハーネット実着用コスチューム「Lucky#Slevin」より
・EXCILE 直筆サイン入り色紙(旧メンバー)・額入り
・メル・ギブソン 直筆サイン入りフォト「Once And Forever」より
・藤木 直人 直筆サイン入り実使用ドラムステイック(生写真・コンサートチケット付)
・「Because I Milly 」よりマンデイ・ムーア 実着用衣装1 ・「Because I Milly」 よりマンデイ・ムーア 実着用衣装
・「Breaking And Will」 より ジュード・ロウ 実着用衣装
・モハメド・アリ 直筆サイン入りボクシンググラブ

弊社、掲載外フィギュア約1000個、トレカ多数在庫ございます お気軽にお尋ねくださいませ

2018年09月01日
サッカー日本代表の森保一監督(50)が30日、U-21(21歳以下)日本代表監督として参戦しているアジア大会の開催地、インドネシア・西ジャワ州ボゴール市内のホテルでキリンチャレンジカップとして行われる9月7日のチリ戦(札幌ドーム)、9月11日のコスタリカ戦(パナソニックスタジアム吹田)に出場する日本代表メンバーを発表した。当面の目標となるアジア杯が来年1月に控える中、「最初から招集した選手、チームがコアなチームとは思っていない」と選手発掘や、テストをしていくと語った。


日本代表は9月にチリ戦、コスタリカ戦、10月にパナマ戦、ウルグアイ戦、11月に2試合(対戦相手未発表)と親善試合をひと月に2試合ずつ行っていき、真剣勝負となる来年1月のアジア杯へ迎える。

 森保監督は「最初から招集した選手、チームがコアなチームとは思っていない」とした上で、「これまで代表経験をしていた選手も、発掘という意味で新しく入ってくる選手も含めて、私が見てみたい選手を招集しながら、チームとしてもアジアカップへ少しでもレベルアップしていきたい」と語った。

 現在、自身が監督を兼任している21歳以下のU-21のチームでアジア大会に出場し、決勝に進出している。このメンバーから大会後にA代表に合流する可能性については、「心情的にはあるが、現実になるかは分からない」と慎重だった。ただ、コンセプトとしては「兼任しているということは、A代表と五輪代表世代を融合させる、若い選手を底上げしてA代表としての力をつけられるように、というのもある」とし、「決められた枠の中で可能性のある選手を呼ぶのはもちろん、刺激をもらって成長につなげられるような環境づくりをできればと思う」と年代別代表とA代表の融合に意欲的な姿勢を見せた。

★WEB掲載外アイテム


・「The Good Girl」よりジェニファー・アニストン 実着用シャツ
・同実使用電話機
・「Enough」よりジェニファー・ロペス 実着用衣装
・「The Rookie」よりチャーリーシーン 実使用銃
・「JFK」よりケビン・コスナー 実着用シャツ
・「Reindeer Games」よりベン・アフレック 実着用スウェットシャツ
・「Mad About」よりヘレン・ハント 実着用衣装
・「Shallow Hal」よりグウィネス・パルトロー 実使用サイン入りディレクター椅子
・「Duplex」よりドリュー・バリモア 実着用衣装
・「Beberly Hills Cop」よりエディ・マーフィー 実使用銃
・「Spy Game」よりブラッド・ピット 実着用衣装&ブーツ
・「Spy Game」よりロバート・レッドフォード 実着用シャツ&ジーンズ
・同実使用小道具
・「SIGNS」よりメル・ギブソン 実着用Tシャツ(着用時写真付き)
・「Bruce Almighty」よりジム・キャリー 実着用衣装
・「The Recruit」よりアル・パチーノ 実着用サングラス&トレンチコート
・「Bourne Identity」よりマット・デーモン 実着用衣装
・「Nuty Professor2」よりエディ・マーフィー 実着用衣装
・「Legally Blonde2」よりリーザ・ウィザースプーン 実使用枕
・「Hurricane」よりデンゼル・ワシントン 実着用衣装
・「Hannibal」よりジュリアン・ムーア 実着用衣装&ブーツ
・「GOZILLA」よりジャン・レノ 実着用シャツ&T-シャツ&パンツ&キャップ&ベルト
・「Erin Brockovich」よりジュリア・ロバーツ 実使用オフィスセット
・「タイタニック」よりケイト・ウィンスレット レプリカドレス
・「SWAT」よりコリン・ファレル 実着用シャツ
・「8MM」よりニコラス・ケイジ 実着用シャツ、パンツ、ベルト
・「Assault on Precinct 13」よりイーサン・ホーク 実着用ブーツ、ジーンズ、シャツ
・サンドラ・ブロック 実着用パーカー
・スティーブ・マックイーン 実着用サングラス
・レオナルド・ディカプリオ ハイスクール卒業アルバム
・スティーヴン・キング 直筆サイン入り著書
・アーノルド・シュワルツネッガー 直筆サイン入りBOOK(3冊)
・木村拓哉 ミュージカル「セイント星矢」直筆サイン入りパンフレット
・イ・ビョンホン 直筆サイン入りDVD「バンジージャンプする?」より
・イ・ビョンホン 直筆サイン入りパラソル
・ぺ・ヨンジュン 直筆サイン入りマガジン
・ペ・ヨンジュン&チェジウ 直筆サイン日付け入り「冬のソナタ」DVDセット
・"「タイタニック」メモラビリアセット
(ケイト・ウィンスレット直筆サイン入り額入りフォト、ケイト・ウィンスレット「Titanic」レプリカ限定ネックレスその他)"
・パク・シニャン 直筆サイン入りDVD「インデイアンサマー」
・"「バイオハザード2・アボカリプス」よりミラ・ジョヴォヴィッチ 
実着用衣装、台本、演技マニュアル "
・「UNFINISHED LIFE」よりモーガン・フリーマン 実着用シャツ
・「UNFINISHED LIFE」よりロバート・レッドフォード 実着用ジャケット
・「ELIZABETH TOWN」よりオーランド・ブルーム 実使用シャツ
・「ELIZABETH TOWN」よりオーランド・ブルーム 実使用Tシャツ&キャップ
・「ELIZABETH TOWN」よりオーランド・ブルーム 実使用Tシャツ
・「ELIZABETH TOWN」よりオーランド・ブルーム 実使用シューズ
「ELIZABETH TOWN」よりキルステン・ダンスト 実使用タンクトップ&ネックレス
・"レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット&ジェームズ・キャメロン
直筆サイン入りフォト(額入り)"
・福山 小夜 「高倉 健」版画〈2個)
・ヒラリークリントン 直筆サイン入り「Living Story」
トム・ハンクス 直筆サイン入りフォト(額入り)
・渡辺謙 「硫黄島からの手紙」より直筆サイン入りフォト
・スパイダーマン3 映画実使用ストリートバナー
・ジュリア・ロバーツ 直筆サイン入りフォト(額入り)
・ヘンリー・フォンダ 直筆サイン入りフォト(額入り)
・ハル・ベリー 直筆サイン入りフォト(額入り)
・木村拓哉 実使用サイン入り「あすなろ白書」台本(フォト含め)
・チャールズ・ブロンソン 使用済み小切手入り額(「荒野の7人」フォト入り)
・木村拓哉 「シュート」より直筆サイン入りパネル
・ベン・アフレック 直筆サイン入りフォト
・渡辺謙 「ラストサムライ」より直筆サイン入りフォト
・ジャック・ニコルソン 直筆サイン入りフォト
・ハリソン・フォード 直筆サイン入りフォト
・ドリュー・バリモア 直筆サイン入りフォト
・ショーン・ペン 直筆サイン入りフォト
・シャリーズ・セロン 直筆サイン入りフォト
・ミラ・ソルヴィーノ 直筆サイン入りフォト
・ジャニファー・アニストン 直筆サイン入りフォト
・エディ・マーフィー 直筆サイン入りフォト
・マット・デーモン 直筆サイン入りフォト
・ジョニー・デップ 直筆サイン入りフォト
・ジョニー・デップ&オーランド・ブルーム 直筆サイン入りフォト
・ジョッシュ・ハーネット 直筆サイン入りフォト
・ジェイミーフォックス 「Ray」より直筆サイン入りフォト
・メグ・ライアン 直筆サイン入りフォト
・アン・ハサウェイ 直筆サイン入りフォト
・リチャード・ギア 直筆サイン入りフォト
・ヒュー・グラント 直筆サイン入りフォト
・ミラ・ジョヴォヴィッチ 直筆サイン入りフォト(1)
・ミラ・ジョヴォヴィッチ 「バイオハザード2」より直筆サイン入りフォト(2)
・コリン・ファレル 直筆サイン入りフォト
・ダニエル・ラドグリフ&ルパート・グリント 直筆サイン入りフォト
・トム・クルーズ 直筆サイン入りフォト
・ジュリアン・ムーア 直筆サイン入りフォト
・ブラッド・ピット 直筆サイン入りフォト
・ケビン・コスナー 直筆サイン入りフォト
・イーサン・ホーク 直筆サイン入りフォト
・ジョージ・クルーニー 直筆サイン入りフォト
・"「ロード・オブ・ザ・リング」より直筆サイン入りフォト
(イライジャー・ウッド、ショーン・オースティン、ドミニク・モナハン、ビリー・ボイド)"
・リブ・タイラー 「ロード・オブ・ザ・リング」より直筆サイン入りフォト
・ジョン・トラボルタ&オリビア・ニュートンジョン
「グリース」より 直筆サイン入りフォト"
・ヒラリースワンク 「ミリオンダラーベイビー」より直筆サイン入りフォト
・ヒュー・ジャックマン 「バンヘイシング」より直筆サイン入りフォト
・デニス・クエイド 「オールドルーキー」より直筆サイン入りフォト
・アンジョーリナ・ジョリー 直筆サイン入りフォト
・ヘレン・ハント 「Mud About You」より直筆サイン入りフォト
・ナオミワッツ&ジュード・ロウ 直筆サイン入りフォト
・ナタリー・ポートマン&ジュード・ロウ 「Closer」より直筆サイン入りフォト
・"グイネス・パルトロー&ジュード・ロウ
「スカイキャプテン」より直筆サイン入りフォト"
・アーノルド・シュワルツネッガー 直筆サイン入りフォト
・ジェニファー・ラブ・ヒューイット 直筆サイン入りフォト
・サラ・ミシエール・ゲラー 直筆サイン入りフォト
・キャメロン・ディアス 直筆サイン入りフォト
・ジェニファー・ロペス 直筆サイン入りフォト
・トビー・マグワイア 「スパイダーマン」より直筆サイン入りフォト(1)
・トビー・マグワイア 「スパイダーマン」より直筆サイン入りフォト(2)
・ニコール・キッドマン 直筆サイン入りフォト
・メル・ギブソン 「パトリオット」より直筆サイン入りフォト
・"トム・ハンクス&キャサリン・ゼータ・ジョーンズ
「ターミナル」より直筆サイン入りフォト"
・"ショーン・コネリー&ハリソン・フォード
「インデイジョーンズ」より直筆サイン入りフォト"
・"レニー・ゼルウイガー&ヒユー・グラント
「ブリジットジョーンズ」より直筆サイン入りフォト"
・ロバート・レッドフォード 直筆サイン入りフォト
・ロバート・デニーロ 「ゴッドファーザー2」より直筆サイン入りフォト
・ラッセル・クロウ 「グラディエーター」より直筆サイン入りフォト
・モーガン・フリーマン 直筆サイン入りフォト
・キルステン・ダンスト 直筆サイン入りフォト
・チャールズ・リンドバーグ 直筆サイン入りフォト
・ロブ・トーマス 「Match Box20」サイン入りギター
・メタリカ 直筆サイン入りドラムヘッド
・U2 U2サイン入りドラムスネア
・U2 サイン入り額
・バーバラ・ストライサンド 『MEMORIES』450万枚売り上げ記念ゴールドディスク
・ティナー・ターナー サイン入りアルバムジャケット
・シンデレラ Gold Album Award「Tonight」(額入り)
・ホール&オーツ RIAA GOLD RECORD ALBUMtei
・マドンナ 『EXPRESS YOURSELF』100万枚売り上げ記念ゴールドディスク
・スティング (THE Police)直筆サイン入りフォト額入り
・チャン・ユンジョン 直筆サイン入りCD(カード付き)
・東方神起 直筆サイン入りフォトブック・VCD2枚付き
・B'z 直筆サイン入りCD(額入り)
・AC/DC 直筆サイン入りドラムヘッド
・マライア・キャリー サイン入りフォト
・Guns&Roses 「SLASH」直筆サイン入りフォト
・ジャネット・ジャクソン 直筆サイン入りフォト
・ブルース・スプリングスティーン 直筆サイン入りフォト
・シルベスタ・スタローン 直筆サイン入りボクシンググラブ
・Nelly 直筆サイン入りプラーク
・ニコラス・ケイジ 実使用カメラ「The Weather Man」より
・ニコラス・ケイジ 実使用ジャケット・シャツ・ネクタイ 同映画より
・オーランド・ブルーム 実着用Tシャツ①「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用Tシャツ②「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用Tシャツ③「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用Tシャツ④「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用Tシャツ⑤「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用シャツ①「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用シャツ②「Elizabeth Town」より
・オーランド・ブルーム 実着用シャツ③「Elizabeth Town」より
・ケビン・コスナー 実着用衣装 「Dragon Fly」より
・オードリー・ヘップバーン 直筆サイン入りフォト(額入り)
・ホアキン・フエニックス 直筆サイン入りフォト(額入り)
・シャロン・ストーン 実着用バーバリーコート 「コールドクリーク」より
・シャリーズ・セロン「AEON FLUX’S」より実着用FurtaristicTop
・シャリーズ・セロン「AEON FLUX’S」より実着用FurtaristicTop
・シャリーズ・セロン「AEON FLUX’S」より実着用Sleeveless Top
・シャリーズ・セロン「AEON FLUX’S」より実着用Grisha LA シューズ
・ブリトニー・スピアーズ 直筆サイン入りギター
・RIAA Gold Record Award Aerosmith [Get Your Wings]
・レイ・チャールズ 実着用タキシードシューズ
・ブルース・ウイルス 実着用衣装「Fifth Element」より
・ジョージ・クルーニー 実着用衣装「3Kings」より
・木村 拓哉主演ドラマ「HERO」第10話台本&紅白歌合戦フォト(額入り)
・ジョッシュ・ハーネット実着用シャツ「Lucky#Slevin」より
・ジョッシュ・ハーネット実着用コスチューム「Lucky#Slevin」より
・EXCILE 直筆サイン入り色紙(旧メンバー)・額入り
・メル・ギブソン 直筆サイン入りフォト「Once And Forever」より
・藤木 直人 直筆サイン入り実使用ドラムステイック(生写真・コンサートチケット付)
・「Because I Milly 」よりマンデイ・ムーア 実着用衣装1 ・「Because I Milly」 よりマンデイ・ムーア 実着用衣装
・「Breaking And Will」 より ジュード・ロウ 実着用衣装
・モハメド・アリ 直筆サイン入りボクシンググラブ

弊社、掲載外フィギュア約1000個、トレカ多数在庫ございます お気軽にお尋ねくださいませ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 12 次のページ»