世界のトップアスリートの稀少品をお届けします。
ホーム | 野球 > ユニフォームノーラン・ライアン ヒューストンアストロズ 実使用ユニフォーム
商品詳細

ノーラン・ライアン ヒューストンアストロズ 実使用ユニフォーム

販売価格はお問い合わせください。
[在庫数 1点]
ノーラン・ライアン ヒューストンアストロズ 実使用ユニフォームです
GOODMAN&SONS社製 サイズ44 かなり使用感がございます
米国最高の鑑定社 「グレイフランネル社」より証明書が付属いたします



☆ノーラン・ライアンー「ライアン・エキスプレス」と呼ばれたメジャーリーグ史上最速の豪腕投手。最速101マイルの速球、大きく縦に割れるカーブ、サークルチェンジを持ち球にしている。7度のノーヒツトノーランゲームを達成、リーグ11度の奪三振王、年度通産・生涯通産共に、奪三振記録を持つ。
当時異端児と言われたピッチングコーチのトム・ハウスと 二人三脚で編み出した独特のトレーニング法・調整法は後年の投手に多大な影響を与えた。その徹底された健康管理とトレーニング方法はその著書 "ピッチャーズ・バイブル" に詳細に書かれている。その中でも特に、当時投手には一般的でないどころか、害になるとさえいわれていたウエイトトレーニングを取り入れ、また肩周辺のローテーターカフ(いわゆるインナーマッスル。 当時はこれらの言葉も一般的ではなかった)もアウターマッスル同様に鍛えるエクササイズを取り入れていたことは、驚くべきことである。「投手は若いうちは より多くのイニング数を投げて肩を作るべきだ」という独自の考えをもっており、現在のメジャーでスタンダードとなっている「先発投手は1試合100球・1シーズン200イニング」という考え方に疑問をもっているとのコメントが "ピッチャーズ・バイブル" の中においてある研究者に寄せられている。
1999年殿堂入り、背番号は3球団で永久欠番。

・タイトル・表彰・記録
最優秀防御率 2回:1981年(1.69)、1987年(2.76)
最多奪三振 11回:1972年 - 1974年、1976年 - 1979年、1987年 - 1990年
ノーヒット・ノーラン 7回:1973年(2回)、1974年、1975年、1981年、1990年、1991年
MLBオールスターゲーム選出 8回:1972年、1973年、1975年、1977年、1979年、1981年、1985年、1989年
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)