世界のトップアスリートの稀少品をお届けします。
ホーム | スポーツ > サッカーダビデ・トレゼゲ 2002年4月11日 対オリンピックマルセイユフレンドリーマッチ フランス代表実使用アウェイユニフォーム
商品詳細

ダビデ・トレゼゲ 2002年4月11日 対オリンピックマルセイユフレンドリーマッチ フランス代表実使用アウェイユニフォーム

販売価格: 100,000円 (税込)
[在庫なし]
ダビデ・トレゼゲ 2002年4月11日 対オリンピックマルセイユフレンドリーマッチ フランス代表実使用アウェイユニフォームです
サイズXL、Wレイヤーユニフォーム、弊社より保証書が付属いたします


エリア内での勝負に真骨頂を発揮し、空中戦での打点の高いヘディングや懐深くにボールをおくのが上手い典型的な点で合わせるCF。最大の特徴はエリア内に放り込まれてくるボールへの対応の上手さで、簡素な得点は柔軟なフィニッシュへの繋ぎによって生み出されている。また、シュートの精度や威力も十二分に備えている。比較的じっと最終ラインの中央に構えているため、運動量は低くスピードも鈍いほうではあるが飛び出しは上手く、こぼれ球への反応も鋭い。基本的にボールに詰める動きは徹底している。右利きだが左足のシュート精度もかなり高い。

2000年、イタリアの名門、ユヴェントスへ移籍。1年目にして14ゴールを挙げ、翌年には24ゴールで得点王に輝いた。このタイトルは全て流れの中から決めた(PKなしの)得点であることから、大いに賞賛を浴びた。以降、怪我が多くフルシーズン出場する機会は多くないものの、出場すれば抜群の決定力を見せている。2005-2006シーズンにはルカ・トニの31得点に次ぐ23得点を挙げ、スクデットに貢献した(その後カルチョ・スキャンダルにより取消)。2006年、ユヴェントスのセリエB降格に当たり、移籍は確実かと思われていたが、結局残留している。

セリエAに復帰した2007-2008シーズンは開幕戦でのハットトリックなど、序盤から絶好調でチームを牽引、中盤以降調子を落としたが結局20ゴールを記録した。また、第4節のASローマ戦でセリエA通算100ゴールを達成した。

代表デビューは20歳、1998年1月28日に行われたスペイン代表戦。同年に行われたフランスW杯のメンバー入りも果たし、見事優勝を飾る。 2年後のEURO2000では控えの立場だったが、イタリアとの決勝戦の延長でゴールデンゴールを決め優勝に導いた。この活躍が認められ、大会後にユヴェントスと契約を結んでいる。このゴールデンゴールを決めたことで移籍当初はイタリア国内では民衆に目の敵にされたことがあるという。

タイトル
クラブ
リーグ・アン (1997, 2000)
セリエA (2002, 2003)
セリエB (2007)
代表
ワールドカップ (1998)
欧州選手権 (2000)
個人
セリエA得点王 (2002)
セリエA最優秀選手 (2002)
セリエA最優秀外国人選手 (2002)
UEFAベストイレブン (2001)
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)