世界のトップアスリートの稀少品をお届けします。
ホーム | スポーツ > サッカー中田 英寿 2002年 12月18日 レアルマドリードVSワールドスターズ 実使用ユニフォーム
商品詳細

中田 英寿 2002年 12月18日 レアルマドリードVSワールドスターズ 実使用ユニフォーム

販売価格: 300,000円 (税込)
[在庫なし]
愛称はヒデ。FIFA親善大使。株式会社東ハト執行役員。一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」代表理事。観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバー。

日本代表のFIFAワールドカップ(以下W杯)3大会連続出場に貢献。FIFA100選。アジア年間最優秀選手賞2回。イタリア政府より爵位(カヴァリエーレ)受章。バロンドール候補に3回選出、FIFA最優秀選手賞候補に4回選出されたのは、アジア人選手で最多。U-17世界選手権(現在のU-17W杯)、ワールドユース(現在のU-20W杯)、U-23オリンピック、コンフェデレーションズカップ、W杯、以上のナショナルチーム主要世界大会すべてでゴールをあげた唯一のアジア人選手である。

精密なボールコントロールと視野の広さ、抜群のスタミナと強靭な精神力、一瞬にして試合の流れを変えることができるパスを持つと評価されている。外国人選手を相手に強靭なフィジカルと絶妙なタイミングによるタックルで相手を弾き飛ばしボールを奪うのも得意とした。

意識が高く、論理的に考えることに秀でているという評価が多かった。戦術理解、状況分析と修正、コーチング、スペースメイキングなど、目に見えない「考える」プレーのクオリティが高いとされた。90分を通して集中を途切れさせることなく、豊富な運動量でチームを牽引しながら攻撃を組み立てる。自分の考えを明示する中田は試合中に大声で要求や指示を出し、日本代表の試合では特にチームメイトを鼓舞し、叱咤激励した。この姿勢は、日本代表にデビューしたときから変わらなかった。

ボディコンタクトの巧さ[26]や優れたボディバランスで巧みにボールをキープ[27]、相手選手はファウルで中田を倒さざるを得なくなるので、フリーキックを多く獲得することができた。また、ディフェンスを切り裂くスルーパスや裏へのパス、ドリブルを展開し相手ディフェンスを引きつけておいて空いたスペースに出すスルーパス、楔(くさび)と言われる前衛への縦パス、縦方向へのサイドチェンジなど、常に人の裏をかくプレーを狙っており、縦への速いビルドアップが中田の特徴的なプレーである。日本人としてはパススピードが速く、ボールが相手ディフェンスを切り裂いて走るさまは『キラーパス』と呼ばれた。スペースのできる場所を瞬時に察知して速いパスを出すので、スペースを見つけたら、すぐさまそこに走らなければボールに間に合わないほどのタイミングであるため、意思疎通を図る機会が限られた日本代表では非常に多くの決定機を演出したにもかかわらずアシストは意外に少ない。一部から味方を殺すという意味で「キラーパス」と揶揄されたことがあったが、ローマ時代のモンテッラのように、スピードがあってスペースに向けて突っ走るタイプのストライカーと相性が良く、セリエAでは流れの中からのアシストを重ねた。パルマ時代のFW・アドリアーノは中田の優れた点は鋭く正確なパスと、相手DFを撹乱する斜め方向のダッシュだとコメントしている[28]。

ドリブルはボディコンタクトに負けずに相手を引きずり倒して進む、スピードを生かした力強いドリブルを展開。「重戦車ドリブル」と評価されていた。トリックをして抜いていくということは基本的になく、空くと思われるスペースを即座に判断し、そこにボールをコントロールしながら緩急をつけて抜いていく。しかしドリブラーと評されることは少なく、非常に突出したパス能力から「パサー」と評されることが多かった。中田自身は「子供の頃、もっとドリブルを練習しておけばよかった」と語っている。

得点力もあり、厳しい守備が特徴のセリエAで通算30ゴールをあげ、左足でも強力なシュートを決めている。30ゴールのうち16ゴールはノートラップでダイレクトに打ったシュートであり、ボールコントロールの上手さが窺える。ミドルシュートやボレーシュートに加え、相手ゴールキーパーの位置を見て正確に蹴り込むシュートも多い。そのためセカンドトップに限りなく近い位置でプレーすることもあった。

受賞
1997年 Jリーグベスト11アワード
1997年 AFC Player of the year
1997年 日本プロスポーツ大賞(内閣総理大臣杯授与)/大賞
1997年 日本年間最優秀選手賞
1998年 日本プロスポーツ大賞(内閣総理大臣杯授与)/殊勲賞
1998年 AFC Player of the Year
1998年 AFC All Star Team
1998年 セリエA外国人選手MVP賞[25] グエリン・スポリティーボ(イタリア有力スポーツ誌)選
1999年 AFC All Star Team
2001年 FIFAコンフェデレーションズカップ2001ベストイレブン
2004年 FIFA 100に選出
2006年 イタリア連帯の星勲章受章
2006年 カヴァリエーレ勲位(ナイト)
2006年 チャイナ・ファッション・アワーズ 国際賞
2006年 ワールドカップ演技賞 最優秀外国人賞(英サン紙選)
2006年 朝日スポーツ賞
2008年 ブルガリ・ブリリアントドリームアワード2008 特別賞
タイトル
1995〜1996年 アジアカップウィナーズカップ 優勝(ベルマーレ平塚)
2000〜2001年 セリエA 優勝(A.Sローマ)
2001〜2002年 イタリア杯 優勝(A.Cパルマ)

日本代表における個人成績
日本代表戦 79試合 13得点 内、国際Aマッチ 77試合 11得点 (1997-2006)

中田 英寿 2002年 12月18日 レアルマドリードVSワールドスターズ 実使用ユニフォームです。サイズL、チュニジア製、欧州のデイーラーより証明書が付属いたします。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)